01_1
01_2

bt_user_1 bt_manual_1 bt_faq_1 bt_tutorial_1 bt_download_1 bt_toiawase_1
ダウンロードTelop Canvas 4 アップデート
Telop Canvas 4のシステムソフトウェアは、随時提供するバージョンアップによって、さまざまな機能追加やセキュリティの強化を行っております。お客様がお持ちのTelop Canvas 4のバージョンをご確認のうえ、常に最新版にアップデートしてご利用ください。

ダウンロード前に下記の使用許諾契約書を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合は、本許諾書に同意されたものとさせていただきます。


使用許諾書
(ライセンス)「Telop Canvas」をインストールする場合は次の条件に同意しなければいけません。
Telop Canvas ソフトウェア使用許諾契約書

北海道日興通信株式会社(以下「弊社」といいます。)は、お客様に、本使用許諾契約書記載の各条項に従い、Telop Canvasソフトウェア(以下「本ソフトウェア」といいます。)を使用する権利を許諾します(以下「本契約」といいます。)。本ソフトウェアをインストールする際に、同意ボタンをクリックすることにより、お客様は、本契約のすべての条項に同意することになります。本契約の条項のいずれか一つでも同意されない場合には、本ソフトウェアをインストール、複製又は使用することが出来ません。また、お客様は、本ソフトウェアをインストール、複製又は使用することによって、本契約のすべての条項に同意したものとみなされます。

第1条(定義)
本契約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによります。
(1)「ライセンスキー」とは、ライセンスを許諾された場合に与えられるUSBドングル又は、ライセンス認証で得られるライセンスキー番号をいいます。ライセンスキーによる認証によって、本ソフトウェアを使用することができ、1つのライセンス毎に1つのライセンスキーが与えられます。
(2)「コンテンツ」とは、本ソフトウェアを使用して作成されたデザイン(レイアウトデータ、画像データ)をいいます。
(3)「サンプルコンテンツ」とは、サンプルとして提供されるサンプルデザイン(レイアウトデータ、画像データ)をいいます。

第2条(使用許諾)
1 弊社は、本契約の有効期間中、お客様に対して、本ソフトウェアの非独占的な、譲渡不可の使用権(再許諾する権利を含みません。)を許諾します。
2 お客様は、1つのライセンスキーにつき、本ソフトウェアを、1つのコンピュータにのみ、インストールすることができるものとします。
3 お客様は、本契約に基づき本ソフトウェアについて本条第1項に定める権利のみを取得し、本ソフトウェアに関するその他一切の権利(著作権その他の全ての知的財産権を含むがこれに限られません。)は、弊社に帰属します。
4 お客様は、本条に基づく本ソフトウェアの使用権に基づき、サンプルコンテンツを使用又は修正することにより独自のコンテンツを作成することができます。コンテンツにかかる著作権又は他の知的財産権は、サンプルコンテンツに関するものを除き、お客様に帰属するものとします。
5 お客様は、弊社に対して、本ソフトウェアのマニュアルに記載された事項に限り、技術的な質問をすることができます。当該質問は、弊社のウェブサイトにおいて指定された電子メールアドレス宛ての電子メールによる方法のみにより受け付けます。お客様が、本ソフトウェアの保守に関するサービスを受ける場合には、別途弊社との間で、保守契約を締結するものとします。

第3条(制限事項)
1 お客様は、本ソフトウェアについて、以下の各号に定める行為を行い、又は第三者に許諾してはならないものとします。
(1)本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルをすること又はその他解析をすること
(2)本ソフトウェアの一部又は全部を変更、改変若しくは翻案し、又はこれらを使用して派生製品を制作すること
(3)弊社の書面による承諾なしに、本ソフトウェアを複製すること。ただし、お客様が、バックアップ用として1部のみ複製し、保管する場合にはこの限りではありません。
(4)本ソフトウェア又はライセンスキーの一部又は全部を第三者(お客様の関連会社を含みますがこれに限られません。)に使用許諾、譲渡又は貸与すること
(5)弊社及び当局の承認を取得することなく、本ソフトウェアを日本国外に輸出すること(方法及び目的を問いません)
(6)本ソフトウェアの一部又は全部を他のソフトウェア製品又は機器に組み込むこと
(7)本ソフトウェアに付されている著作権表示又はその他の権利表示を毀損又は除去すること
2 お客様は、本ソフトウェアの機能を最大限利用するために、第三者の提供するソフトウェアをダウンロードし、インストールする必要がある場合があります。お客様と当該第三者との間で当該ソフトウェアの使用について紛争が生じたとしても、お客様の責任で解決するものとし、当社は、当該紛争に関し、一切の責任を負いません。

第4条(使用許諾料)
1 本ソフトウェアの使用許諾料の金額、支払日又はその他の使用許諾料に関する定めは、別途弊社が定めることとします。
2 お客様は、前項の使用許諾料に関する定めについて、遵守するものとします。
3 弊社が本契約に基づきお客様から受領した金員は、理由の如何を問わず一切返還しないものとします。

第5条(機密保持)
1 お客様は、本ソフトウェアの内容(ライセンスキーを含むがこれに限られません。)、本契約に関連して知った弊社に関する情報、又はその他弊社が機密として指定した情報(以下「機密情報」といいます。)を第三者に対して開示、提供又は漏洩してはならず、本契約の目的以外に使用しないものとします。ただし、次のいずれかに該当することを証明できる情報についてはこの限りではありません。
(1)開示前において既にお客様が保有していた情報
(2)秘密情報によらずお客様が独自に生成した情報
(3)開示の時点で公知の情報
(4)開示後にお客様の責に帰すべき事由によらずに公知となった情報
(5)書面により事前に弊社の同意を得た情報
2 前項の規定にかかわらず、お客様は、裁判所、検察、警察及び監督官庁から適法かつ適式な請求があった場合、弊社に対して事前にその旨を通知した上で、かかる請求に応えるために必要な範囲内で、機密情報を開示することができるものとします。
3 お客様は、弊社との間で別途機密情報にかかる契約を締結した場合には、当該契約に定める事項も合わせて遵守するものとします。

第6条(非保証)
1 お客様は、自らの責任で本ソフトウェアを使用するものとし、当該使用に当たり、各種の関連法令等を遵守するものとします。
2 本ソフトウェアは、現状有姿にて提供され、弊社は、本ソフトウェア及びこれに含まれるプログラムの動作、性能又は特定目的への適合性、使用結果についての的確性又は信頼性、第三者の権利侵害及び瑕疵の不存在につき、明示か黙示かを問わず何らの保証もいたしません。
3 弊社は、本ソフトウェアに関する如何なる瑕疵、その使用に起因するデータの喪失若しくは欠陥、第三者の権利侵害又はこれらにより生じた損害(利益の逸失を含む)について、原因の如何を問わず、また直接的か間接的かを問わず、何らの責任も負うものではありません。
4 弊社は、いつでも本ソフトウェアの仕様を変更することができますが、別段の合意がない限り、本ソフトウェアの機能がお客様の使用目的に対応するように仕様の変更を行う義務を負うものではありません。

第7条(責任の制限)
1 お客様が弊社以外の販売代理店その他第三者から、本ソフトウェアの譲渡(有償又は無償を問いません。また、弊社の同意があるか否かを問いません。)を受けた場合、販売代理店その他第三者の行為に起因する損害については、弊社は、何らの責任を負いません。
2 お客様による本ソフトウェアの使用に起因して、お客様と第三者の間に生じた紛争等については、弊社は一切責任は負わないものとします。
3 弊社は、いかなる場合も、お客様の逸失利益、特別の事情から生じた損害(損害発生につき弊社の予見の有無を問いません。)、データの喪失・破損、間接損害及び派生損害並びに第三者からの損害賠償請求に基づく損害に対する責任は一切負わないものとします。ただし、弊社の故意又は重過失に基づく場合を除きます。
4 本契約に関して弊社がお客様に損害賠償責任を負う場合、その範囲は、責任の根拠如何を問わず、弊社に帰責される事由(重過失を除きます。)により直接お客様に発生した通常かつ現実の損害に限定され、かつその賠償額は、お客様が弊社に支払済みの本契約に基づく本ソフトウェアの使用許諾料金相当額を上限とさせていただきます。

第8条(紛争解決)
本ソフトウェアに関し、お客様に対して第三者から当該第三者の知的財産権又はその他の権利を侵害している旨の申し立て又は警告がなされた場合、お客様は弊社に対し、速やかに当該申立て又は警告の事実並びに内容を通知するものとします。この場合、弊社の要求がある場合、お客様は紛争解決のため弊社に協力するものとします。

第9条(解除)
1 弊社は、お客様に以下の各号に定める事由のいずれか一つが生じた場合には、何らの催告なくして、直ちに本契約を解除できるものとします。
(1)本契約のいずれかの条項に違反したとき
(2)手形又は小切手が不渡りになったとき
(3)仮差押え、仮処分、強制執行などを受けたとき、又は公租公課の滞納処分を受けたとき
(4)破産手続、会社更生、民事再生又は特別清算等の申立てがあったとき
(5)解散又は営業の全部若しくは重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき
(6)その他財務状況が著しく悪化し又は悪化のおそれがあると弊社が認めたとき
2 前項の規定は、損害賠償の請求を妨げないものとします。

第10条(損害賠償)
お客様が本契約のいずれかの条項に違反し、その他お客様の責めに帰すべき事由により、弊社に損害を与えたときには、お客様は弊社に生じた損害について賠償するものとします。

第11条(本契約の変更)
弊社は、本契約締結後、いつでも、お客様に通知(弊社のウェブサイトにおいて掲示することを含みますが、これに限られません。)することにより、本契約の条項、条件等を変更することができるものとします。当該通知後、お客様が本ソフトウェアを使用した場合、お客様は当該要求に同意したものとみなします。

第12条(本契約の有効期間)
 本契約は、本ソフトウェアのインストール、複製、又は使用を始めたときに発効するものとします。お客様は本ソフトウェアをお客様の端末からアンインストールすることで本契約をいつでも終了させることができます。

第13条(契約終了後の措置)
1 本契約が終了した場合(終了の事由を問いません。)、お客様は、本契約終了後直ちに、弊社の指示に従い、本ソフトウェア及びその複製物を直ちに弊社に返還するか、又はこれら一切を破棄若しくは削除するものとします。
2 第5条、第7条、第10条、第13条、第15条、第16条及び本条の規定については、本契約終了後も有効に存続するものとします。

第14条(契約の地位の譲渡禁止)
お客様は、弊社の書面による事前の承諾がない限り、本契約上の権利及び義務並びに本契約上の地位を第三者へ譲渡し、又は担保に供してはならないものとします。

第15条(管轄合意)
本契約に関する訴訟その他紛争の解決においては、札幌地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条(準拠法)
本契約は、日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されるものとします。

◇モリサワフォント使用許諾
当ソフトウェアに付属している「学参 新丸ゴM」「UD 新ゴ DB」「フォークB」フォント(以下、モリサワフォント)は株式会社モリサワが、開発・販売する文字フォントデータ(以下、「フォント」という)であり、フォントの書体・字母を制作するデザイナーは、フォントまたは書体のデザインに関して知的財産権及びその他一切の権利を有しています。使用者は、モリサワフォントを使用する際、以下の約款を遵守し履行するものとします。

<使用権の範囲>
 TelopCanvasおよびモリサワフォントを使用して作成した成果物が使用できるのは以下の範囲です。
・BS、CS、ケーブル等を媒介する放送業務、及び専用・汎用システムによるフリップ・テロップ、スーパーインポーズ、映像 作品 のタイトル・サブタイトル、スタッフロール等の文字入れ業務
・インターネット・イントラネットに於ける、コンテンツ及び映像作品の配信
・テレビジョン、携帯端末及びタブレット端末等に於ける表示
・テレビ局及び教育機関等に於いて、LCD等のディスプレイによる表示
・DVD、ブルーレイディスクの作成/配布

<使用権の範囲外>
・スマートフォン、携帯電話、PHS、PDA、タブレット端末、TV、 コンソールデバイス及びプリンター等への組込
・ゴム・プラスチック樹脂等に対する切り文字制作、石材、木材等 に対する篆刻、印象及び看板等の制作の用途として、当該システムへのバンドルまたはインプリメント
・ゲーム・映像作品等に関わるキャラクターグッズやノベルティーの制作
・社名及び製品名等に関わるもの全般(ロゴ・商標登録も含む)
・ゲームコンテンツに於けるサブタイトル(ロゴ)、ボタン及びメニュー表示等の制作

<禁止事項>
お客様は以下のことを実施できません。
・モリサワフォントの一部または全てを第三者に譲渡または貸与すること
・書体デザインの改作、変更、フォント・データのディスアセンブル・デコンパイルまたはリバースエンジニアリング等の技法を用い解析・模造して第三者に頒布・販売したり使用させること
・TelopCanvasより文字情報を取り出すこと、及びこれを無償または有償に限らず第三者に提供すること
・契約台数を越えて使用すること
・モリサワフォントのカジュアルコピーによるご使用、デッドコピー及びバックアップを含む複製を作成すること
・モリサワフォントの一部、全てを問わず、頒布・貸与、レンタル、再販売(中古も含む)、携帯端末その他の機器に実装またはアプリケーション・ソフトウェア等へバンドルし頒布・販売すること

◇ニイスフォント使用許諾
当ソフトウェアに付属している「ウイン M8」「ナミキ POP-U」「ウインクス L10 +ウイン S10 」フォント(以下、ニイスフォント)はエヌアイシィ株式会社が開発・販売する文字フォントデータ(以下、「フォント」という)であり、フォントの書体・字母を制作するデザイナーは、フォントまたは書体のデザインに関して知的財産権及びその他一切の権利を有しています。使用者は、モリサワフォントを使用する際、以下の約款を遵守し履行するものとします。

<使用権の範囲>
 TelopCanvasおよびニイスフォントを使用して作成した成果物が使用できるのは以下の範囲です。
・BS、CS、ケーブル等を媒介する放送業務、及び専用・汎用システムによるフリップ・テロップ、スーパーインポーズ、映像 作品 のタイトル・サブタイトル、スタッフロール等の文字入れ業務
・インターネット・イントラネットに於ける、コンテンツ及び映像作品の配信
・テレビジョン、携帯端末及びタブレット端末等に於ける表示
・テレビ局及び教育機関等に於いて、LCD等のディスプレイによる表示
・DVD、ブルーレイディスクの作成

<使用権の範囲外>
・スマートフォン、携帯電話、PHS、PDA、タブレット端末、TV、 コンソールデバイス及びプリンター等へのニイスフォントの組込
・ゴム・プラスチック樹脂等に対する切り文字制作、石材、木材等 に対する篆刻、印象及び看板等の制作の用途として、当該システムへのニイスフォントのバンドルまたはインプリメント
・ゲーム・映像作品等に関わるキャラクターグッズやノベルティーの制作
・社名及び製品名等に関わるもの全般(ロゴ・商標登録も含む)
・ゲームコンテンツに於けるサブタイトル(ロゴ)、ボタン及びメニュー表示等の制作

<禁止事項>
お客様は以下のことを実施できません。
・ニイスフォントの一部または全てを第三者に譲渡または貸与すること
・書体デザインの改作、変更、フォント・データのディスアセンブル・デコンパイルまたはリバースエンジニアリング等の技法を用い解析・模造して第三者に頒布・販売したり使用させること
・TelopCanvasより文字情報を取り出すこと、及びこれを無償または有償に限らず第三者に提供すること
・契約台数を越えて使用すること
・ニイスフォントのカジュアルコピーによるご使用、デッドコピー及びバックアップを含む複製を作成すること
・ニイスフォントの一部、全てを問わず、頒布・貸与、レンタル、再販売(中古も含む)、携帯端末その他の機器に実装またはアプリケーション・ソフトウェア等へバンドルし頒布・販売すること

以上


ソフトウェア名称 Telop Canvas 4 for Adobe Premiere Pro CC
バージョン 2019/09/06版
公開日 2019/09/06
対応OS Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10 ※ Mac OSには対応しておりません。
CPU Intel Corei5 2.0GHz以上
メモリ 4GB以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce 7シリーズ以上
(NVIDIA製のグラフィックボードをお奨めします)
※ボードによっては、一部機能が動作しない可能性がございます。
著作権者 北海道日興通信株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
改修内容 ■Adobe Premiere Pro CC 2019インストーラー対応
注意 このデータはTelop Canvas 4をお持ちの方のみご利用いただけます。
ダウンロード ダウンロードTelop Canvas 4 for Adobe Premiere Pro CC 2019/09/06版
ダウンロード
(2019/09/06)

インストールする前に作成したデータをバックアップし、以前のバージョンをアンインストールしてください。
※ダウンロードしたデータは再インストール時に必要となりますので、お客様自身でメディアにバックアップしてください。


旧バージョンのアンインストール方法

1.【ローカルディスク(C)】→【NIXUS】→【TlpCanvas】フォルダ内の【NixusUnInstaller.exe】をダブルクリックしてください。
ダウンロードボタン
※インストール時にドライブを変更した場合は異なります。

2.【通常削除】か【完全削除】を選択し、【アンインストール実行】クリックしてください。
ダウンロードボタン
【通常削除】は、定型などのデータを残し再インストール時に使用できるようになります。
【完全削除】は、フォルダ内のデータを全て削除します。

3.ライセンス解除する/しないを選択してください。
解除ボタン
ライセンスを解除する場合は【解除】ボタンをクリックしてください。
※別のPCにTelop Canvas 4をインストールする場合は必ずライセンスを解除してください。

解除しない場合は、【終了】ボタンか、右上の【×】ボタンをクリックしてください。
※同じPCにインストールする場合は、ライセンス解除する必要はありません。
ライセンスをそのまま引き継ぎ、次回起動時にライセンス登録を行わず起動されます。
閉じる

4.アンインストールが開始されます。
アンインストールが終わるまでしばらくお待ちください。
デスクトップのショートカットアイコンが消えましたらアンインストール完了の目安です。


インストール方法は購入時と同じです。詳しくは、マニュアルをご覧ください。




変更履歴情報
バージョン公開日備  考
2019/09/06版2019年09月06日Telop Canvas 4 for Adobe Premiere Pro CC 2019/09/06版を公開しました。
2018/01/19版2018年01月19日Telop Canvas 4 for Adobe Premiere Pro CC 2018/01/19版とTelop Canvas 4 for EDIUS 2018/01/19版を公開しました。
2017/03/31版2017年03月31日Telop Canvas 4 for Adobe Premiere Pro CC 2017/03/31版とTelop Canvas 4 for Media Composer(R) 2017/03/31版を公開しました。
2016/09/13版2016年09月13日Version 2016/09/13版を公開しました。
2016/03/17版2016年03月17日Version 2016/03/17版を公開しました。

北海道日興通信株式会社 nixus.jp